弁護士に家族問題を相談。弁護士にも得意・不得意があるのなら、先に教えて欲しいです!

両親が所有するマンションに両親がともに健在の時は何の問題もなく、生活をしてました。父親が亡くなり母親が特別養護老人施設に入居すると、近所に住む子供のうちの一人が時折マンションを訪れて空気の入替や簡単な片付けを行ってくれていました。いつの間にか、その子供がマンションにずっと住み始め、友人を招いたり食事をしたり、マンションを自分の家のように使用しました。マンションは父の遺言により母の所有であったため、母の面倒を見る人がマンションの管理をする方向で他の子供たちの間では合意していました。そこで、困った他の子供たちは、弁護士に家族問題を相談して、解決しようとしました。親族の知り合いを介し、弁護士に相談をしました。マンションに住み続ける子供への対策を弁護士と一緒に考え、実行しました。何度か策を講じましたが、残念なことに解決までには至りませんでした。ただ、子供同士のわだかまりが解けるきっかけにはなりました。最後に弁護士と面談した際に、家族問題は得意な分野ではなくて申し訳無いと本音がポロリ。思わず絶句しそうになりました。得意でないなら、家族問題が得意である弁護士を紹介して欲しいというのが率直な感想です。そういう大事なことは先に教えて欲しいです。